×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最初のページへ

~ ご案内 ~



マンガの森

ようこそ! 『タンケンっ!マンガの森』へ───!

わたくし、kureo(くれお)と申します(申します、、、とかそれらしくいってますが、結局、てきとーにつけた名前です笑)。
 ここは、こぉ~~~だいにひろがる(ひろがってますよね?ふふふ)、、、WEBマンガの森を日夜(なぜだかしらん自主的に)探検する、、、わたくしkureoの活動拠点で、かつ、その活動の結果出会った、さまざまなマンガの森の実りたち(すンばらしい作品たち)の紹介を、おとずれるみなさま、、、そうあ・な・た、なんかに───、しちゃったりなんかしちゃったりなんかしておりますっワケです。当基地のなかには、ご覧いただければわかりますとおり、ちょこちょこと催し(内容)がありますので、ぜひ、(袖すり合うもたしょーの縁、でございます)───お気軽に、両の足をとめ、のぞいていってみてくださいな(以下に、大体の、その当基地の様子を記しておきますので)。






無造作なる探検 



 わたしが、WEB上で出会ったマンガの感想を、一所懸命に述べております。堅苦しいところも多々あろうことかと思いますが、読んでいるうちに、慣れてくるかも(スルメみたいに、噛んでいると、どんどん味が出てくるかと、、、<笑>)知れませんので、ぜっひぜひ、のぞいてみてください(表ページの場所では、右側にあります)。
 これが主要な活動のひとつで、わりあい、頻度高く、更新しています(そのつもり、、、ですし、そうする、、、つもり、、、でおります<笑>)。
 <、、、一応、この”無造作なる探検”は、12年5月14日分をもって、終了しました。活動としては、”ひぃんト”と題名を改め、同じようなことをやって、、、>

 というのがそこはかとない、これまでに隆起してきた沿革で、2013年5月1日現在はかかるひぃんトも停止中。無造作探検の再開をここんところ、なんとなく、考えたり、考えなかったり。





WEBマンガ世界ランキング



読んだWEBマンガの順位付けを、せっせせっせとやっておりました、そう、昨年、、、。目下、停止中。2011年度の、9月と、10月と、11月度のそれぞれ順位発表はしおえ、達成しております(真ん中の”ランキング(休憩中)”の下のリンク、ポチでみれます)。あと、2011年出合ったマンガの大表彰もしてます、それは、表ページの左端の下をたどっていってもらえれば、年間№1みたいなのとか、打ち出しておりますので、ぜひ、ぜひ、見物していってください。で、気になるものがありましたら、ばんばん、そのサイトに実際いって、マンガをたんのーしてください。もち、ムリョーで、およそプロならぬ作者たちが、その手腕をふるい、また、それに日々、磨きをかけていっている様がみられるようであります!!!
 <現在は、まるまる、”作品の交錯”という催しが、それにあたります>





バナー博物館 



「各サイトが生み出すバナーはもはやアートである」と地球内文明評論家の某氏の理に共鳴し、日夜、原則無料頒布のバナーをあつめきたりて、展示(リンク付)しております。、、、バナーはアートである(ほんまかいな)。





勝手に花マル!レビュレビュくん 



②のランキングをつけはじめる前のころ、わりあい、精力的に制作していた、マンガ紹介コーナーで、絵柄により、とか、話により、とかで、作品たちにいろいろと点数をつけております。一番右の”所書”の箇所をクリックしたら、そのマンガのあるサイトへと行くことができます。変なところにとんだりは決してしませんので<笑> 気になるマンガがありましたら、ぜひっ! のぞいてみてくださいネ。(これは、”ランキング(休憩中)”の下んところに、リンク表示があります。そこをクリックしてくださいませ)。





蒼天紳士館(外部連結)



当地が愛好しているお館です。なぞの人物・蒼天紳士ドノが、週間少年チャンピオンの作品をあつ~くあつ~く日々、追いかけています。いまや、その足跡たる、作品の膨大な記事が収蔵・公開されております。





さりとて、今日も、漫画を読む。(外部連結) 



マンガそしてマンガの登場人物たちをこよなく愛する、マンガ・ソムリエさん──が、情熱と多彩で変化に富んだ視点をもって、マンガを語っております。まだ、内容は少なめですが、マンガの相談(???)も受け付けているみたいですので、一度、メールを送ってみてはいかがでしょうか<笑> たいへん、誠実(そう!?)なお人柄ですよ。


   ・⑤⑥いずれも、真ん中したの方に、リンクがあります。





その他 



基本的に、絵柄やバナーをクリックしてもらったら、そのマンガのあるサイトに行くことができるようになっています。どんどん、往訪してみてください。さまざまな作者と、その作品が、あなたとの出会いを待っていると思います。意外や意外、ふとしたことで、人生を変える作品(作者)とのであいがある、、、かも!?
 そのほかにも、やりっぱなしのやつとか<笑> いろいろ、あります。それもこれも、一度、のぞいてみては、い・か・が???